すごい高値で売る!車の売却で低値にさせない最強のテクニック

車売却者の年齢層とそれぞれの売却理由

車の売却を行っている人々には、様々な年齢の方がいらっしゃいます。

 

20代の方々が車の売却をしている事もありますし、

40代や60代の方々などと非常に様々です。

 

ところで年来が異なると、車を売却している事情は色々と異なるとも思います。

 

例えば年齢層が低めの20代の方々はどのような
理由によって売却をしているかというと、察するに事故だと思います。
ちょっと車をぶつけてしまったので、事故車を買い取ってもらって
別の車に買い替えている事例などは案外多いかもしれません。

 

それに対して年齢層が高めな方々の場合は、むしろ古くなった車から
新しい車に買い替えるパターンが多いのかなと推理します。
年齢が高めの方々ですと、走行距離が長い車などもかなり多いと思いますね。

 

かなり長い間使っていたので、そろそろ耐用年数を迎えて
売却をしている事例などが多いのではないかなと推理します。
過走行の車を持っている方々なども、多いかもしれません。

 

すなわち年齢が低めの方々は事故などが理由で
車を売却している事が多く、年齢層が高い方々は
むしろ耐用年数を迎えたことで売却をしている事例が多いと推理します。
もちろん20代の方々でも、耐用年数が理由で売却をしている方もいらっしゃるかもしれません。
中古車ならば、ある程度走ると耐用年数を迎えても不思議はありませんね。

 

しかし「新車」を購入している20代の方の場合は、
それほど早く耐用年数を迎えることは無いと思うのです。
どちらかというと事故などに伴って、売却をしている事例が多いのかなと個人的には推理します。

 

ちなみに上記は、あくまでも私の想像に過ぎません。
ただ年齢層が違う以上は、車を売却している理由も違う事だけは確実だと思います。